断食の効果は?失敗しないファスティングダイエットで無理なく痩せるおすすめ方法

ファスティングダイエットがが体に及ぼす影響について!

ファスティングダイエットが身体に及ぼす影響について解説します。
最近ではファスティングという言葉をずいぶん耳にされるようになってきました。
ファスティングダイエットというのは断食ダイエットという意味です。
英語で朝食の事をどのように言うかご存知かと思います、ブレイクファースト。
晩御飯を18時に食べたとしたら翌朝7時に食事をするまで相当時間がありますよね。
つまりは19時間断食していると考えられるのです。
その断食破りというのがブレイクファスティング=ブレイクファーストと言われています。
急に全く食べない、栄養学を学んだ人間に関してみれば全く食べないというのは考えられないことなのです。
なぜそんな人達がファスティングダイエットを推奨しているのかというとこの断食ダイエット効果の効果や可能性に気づいてしまったからです。

 

まずファスティングダイエットが身体に良いのか悪いのか、身体にどれくらい影響があるのか解説します。
まず自然か不自然かというと昨今日本でファスティングをしている生物を上げるとすると。
人間はしていません、ペットも断食をさせていません。
動物園の動物も、家畜も行っていません。
自然界の動物、出産前、交尾の前、格闘の前、あらゆる大事の前脱皮の前、大事な時断食をして身体を備えているわけです。

 

貴方の記憶にはないかもしれませんが、太古のDNAは覚えています。
過去の遺伝子は何度も断食をしています。断食は自然の行為だということを覚えておいて下さい。

 

筋トレでは十分トレーニングをした後しっかり休めましょうといいます。
内臓も実は筋肉なんです、筋肉は三種類あります。骨格筋、内臓筋、心筋とあります。
心筋は止まると死んでしまいますが、骨格筋や内臓筋は休ませて上げることによってものすごく元気になります。
それがファスティングダイエットのメリットの一つです。

 

そしてファスティングダイエットの最大のメリットというのはデトックスです。
排毒です。ファスティングダイエット4日目から5日目あたりにあの伝説の宿便が出る方が非常に多いです。
準備食から徐々に食事を減らして行きます、初日は出ません、二日目はうさぎの糞のようなコロコロとした便が出るか出ないか。
三日目は典型的な便、そして4日目、お腹が少し痛くなって大量の糞が放出されます。
しかもにおいが凶悪に臭く、今までこんな臭いもの出した事が無いというほどの糞を垂れました。という人がかなり多いです。
ひり出した後、めちゃくちゃスッキリとします。目の前が本当に明るく切り開くように感じます。
日々の生活で有害物質を摂取しないというのは非常に困難です。

 

ファスティングの効果、一番の効果はダイエットです。
ダイエット目的にファスティングを行う方が非常に多いです。
断食を行うことが痩せるのは一番明確でわかりやすいです。
食べないで運動をする、これにまさるものはないのではないでしょうか。
摂取カロリーは限りなく抑える、今推奨されている断食ダイエット中の摂取カロリーは500kcalと言われています。
摂取するのは発酵ドリンクがよいでしょう、超低カロリーな中で最適な運動をしていくわけです。
ファスティングダイエットの唯一のデメリットというのは断食ダイエット中、消費されていく脂肪が燃える際に出るケトン体という成分があります。
この成分が排出されすぎると気持ち悪くなることがあります。酷い場合、嘔吐や頭痛もある場合があります。
そのケトン体をうまく使って上げるのが運動です。